研究発表
ホーム > 研究発表 > 第3回研究発表 > まぼろしの覚鱉城

まぼろしの覚鱉城

川崎町 葛西信一氏

-根本史料「続日本紀」を読み込みさえすれば、「覚鱉城」造営の場が「河崎柵」跡に重なって観えてくる。そういうことを地元「川崎町門崎」側から発表。しかも発表者自身の地所で、「和同開珎」が出土したというのだから、これまさに奈良末・平安初期の甦りと出会いだというほかない。 

詳しくは下記のPDFをご覧ください。


まぼろしの覚鱉城