研究発表
ホーム > 研究発表 > 第2回研究発表 > 大籠キリシタン殉教

大籠キリシタン殉教

 大籠キリシタン殉教公園資料館長 首藤康夫氏

 

奥州伊達藩「大籠」は製鉄で知られたところ。その製鉄につながっての大籠キリシタンの大量処刑=殉教の史実。それが今や世界に知られ、遠くは外国からの巡拝者も増加。どこまでもイエスの教えに従う純粋さを貫いた300人余の殉教者たちの胸に、いったいどういう祈りがあってのことだったのだろう。

 
詳しくは下記のPDFをご覧ください。

 


大籠キリシタン殉教