「磐井学」エッセイ